読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北鎌ゲベ戦記 〜家のこと、庭のこと〜

見習庭師23歳のしごく家庭的な日記。北鎌倉駅前からお送りしております。

7月22日(金)

雨。午前中待機した後、小降りになったので午後から出勤。長かった建長寺もついに今日でキメ。5日(火)から入ったので二週間以上かけたことになる。長かった。

 

そして最終日の今日の作業は、なんとビャクシン下の大掃除。樹齢760年(つまり鎌倉時代から)といわれる大木は鎌倉市指定天然記念物です。実はこのビャクシン、個人的にすごく思い入れのある樹です。鎌倉に越して今の造園屋さんで働くことを決めたのが昨年の10月。その頃に、当時いち観光客として立ち寄ったここ建長寺で、ぼくはこの巨大なビャクシンに初めて出会いました。「七六〇」という悠久の命を目の前にして、ちっぽけな人間はただただ立ち尽くすだけで。やっぱり自然はすげーなーと。そしてその足下で「自分もこれからがんばろう、庭師としてやっていこう」と、気持ち改まってみたり。だからここの場所は、鎌倉で一人前の庭師を志す自分の原点といえます。初心の樹。まさかそのビャクシンの手入れを自ら出来ると思っていなかったので、もう感無量で。ふと、ついにここまできたか、とかなんとか思いました。まだ一年も経っていないのだけど、こう、なにかこみ上げてくるものがあったのでした。

 

夏の大仕事の内、最大の現場が終わりました。8月第一週目までこの忙しさが続く予定なので、残りだいたい半分!ここで倒れるわけにはいかないので、よく寝て、ちゃんと食べて、健康第一で後半戦に臨まないと!ようやく体も強くなってきました!一方、心の方はまだまだで…。仕事に集中したいのに余計なことに右往左往してしまう今日この頃です。